So-net無料ブログ作成
検索選択

介護準備、家族にとって介護とは何か [介護準備]

 要介護者(私なら母)が公的介護サービスを受けるのは、誰から見ても介護が必要と判断された場合です。しかし、実際には、それよりも以前に介護は始まっています。
 要介護者は、昨日までと今日で違いを認識することはありません。高い場所にある鍋に手がなぜ届かないのか?不思議に思いつつ、プライドが高ければ家族に助けを求めることなく挑戦を繰り返します。ついには、バランスを崩して転倒します。

(中略)

 この時期の介護家族者(介護する人)は、まだ要介護者の「何ができないか」を把握できていません。このため、要介護者の「一人で全部できる」という言葉を鵜呑みにすると色々な問題に出くわすことになります。
 介護家族者は、要介護者が何かを失敗したと感じた時には、何ができなくなっているか、それは、これからも繰り返し発生しそうかを判断して、要介護者のサポートを行う必要があります。”失敗ノート”を作って、日付と失敗内容を記録しておくとどんな問題が発生したかが客観的に理解できるようになるでしょう。

(電子書籍「介護はプロジェクト」から一部抜粋)

iBooks版は無料です。


キンドル版は有料(99円)です。

介護はプロジェクト: 在宅介護で最後まで過ごすための知恵と勇気

介護はプロジェクト: 在宅介護で最後まで過ごすための知恵と勇気

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/03/12
  • メディア: Kindle版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。