So-net無料ブログ作成

生活介護、介護の展示会を見に行く [生活介護]

 国際福祉機器展は毎年秋に東京ビッグサイトで開催されている介護・看護関係の展示会です。
 要介護者(介護を受ける人)に何か使いやすい介護用品はないかとインターネットで探し当てても、現物を確認しないと評価できないことがあります。しかも、介護用品に詳しいわけではないので、探すことがそもそも難しいです。
 展示会に参加することで、それまで知られていない物品やサービスが紹介されていることがあります。ケアマネージャーがよく勉強している人でも全ての介護用品や介護サービスに精通しているわけではありません。だからこそ、要介護者と介護家族者(介護をする人)が実際に展示会に参加して興味を引く介護用品やサービスを見つけることは大事なことです。
 東京と周辺地域以外の方には来場は難しいかもしれません。しかし、機会があれば実際に見学すると非常に役に立ちます。
 この展示会は、介護業者・病院・福祉施設関係者だけでなく、実際に介護を受けている人や介護を行っている人も参加できます。事前に予約してから行けば、すぐに入場できます。
 場内では、小物(スプーン)から大物(介護ベッド、リフォーム)までの介護用品を試したり、試供品の提供、介護サービスの確認などもできます。各自動車メーカーの介護車両も展示されています。各自動車メーカーの出品車を比較しながら移動方法の検討もできます。
 私も母が元気だった頃には実際に連れて行って、介護用品に対する抵抗感をなくしてもらいました。また、自宅に導入したら良さそうな介護用品(電動昇降座椅子)を見つけたりしました(後日導入)。

(電子書籍「介護はプロジェクト」から一部抜粋)

iBooks版は無料です。


キンドル版は有料(99円)です。

介護はプロジェクト: 在宅介護で最後まで過ごすための知恵と勇気

介護はプロジェクト: 在宅介護で最後まで過ごすための知恵と勇気

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/03/12
  • メディア: Kindle版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。