So-net無料ブログ作成

料理を覚える、料理を覚えて介護に備える [料理を覚える]

料理の覚え方
1. 見て覚える
2. 実際に参加して覚える
3. 料理作りの中心になって覚える(監督は要介護者)
4. 介護家族者が単独でも料理を作れるようになる
5. 要介護者が食べられるように工夫を入れるようになる
6. 介護家族者が作った料理を要介護者が美味しそうに食べるようになったら合格です

 家族による介護を始めた頃は、要介護者も元気に料理をじゃんじゃん作ってくれることも多いと思います。しかし介護度がだんだん高くなってくると、要介護者も立ち仕事が難しくなり、包丁さばきが悪くなり、味覚がずれてきたりします。
 介護度が高くない段階でできるだけ介護家族者は、調理に参加して要介護者の料理の作り方を覚えます。
 料理を覚える方法は、実際の調理作業を見て、メモして、参加していくことになります。インターネットにも同じ料理の作り方が掲載されている場合には、その作り方と要介護者の作り方の差に注目すれば、どのあたりが勘所かわかるでしょう。
 日本料理の場合、さしすせその調味料(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)とかつおだしの粉末パック、乾燥ワカメ、油、めんつゆ、コショウがあれば、たいがいの調理はできます。あとは、要介護者がこれらの調味料を使うタイミングと目分量を観察し記録します。さらに火加減と火を使う時間についても観察し記録します。
 調理に参加するようになれば、要介護者も教えることがあることに自信を持って、楽しんでくれると思います。くれぐれもけんかしないで下さい。
 介護家族者は自分が作った料理の評価を毎回、要介護者にお願いするようにしてください。美味しい・不味いを毎回確認することが当たり前になれば、要介護者が食欲不振になった時に気付きやすくなるからです。
 介護家族者が調理した料理を要介護者が食べてくれるようになれば、要介護者の食事面での不安が一つ軽減されることになります。介護家族者は作り方を覚えた料理を要介護者の監督のもとで定期的に調理し、忘れないようにします。
 介護家族者として料理を作る場合、注意しなければならない点は、要介護者が食べられるように工夫することです(後述)。
 毎日の調理に参加していると、魚料理が好きなのか、鍋料理が好きなのか、煮物が好きなのか、といったことや、よく使う食材なども意識するようになります。在宅介護を最後まで続けるのであれば、調理(料理)は最後まで重要な要素となります。そのため、できるだけ要介護者の味を覚えてください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。