So-net無料ブログ作成

家電を選ぶ、タイマー機能を使う [家電を選ぶ]

最近のよくある追加機能
1. タイマー起動・タイマー終了
2. テレビも事前に視聴予約できる機能がある
3. センサーによる有人・無人判定(無人の時には自動的に停止)
4. 部屋の明るさによる停止(おやすみタイマー)

 最近の家電には、タイマーとセンサーが内蔵されていて、家電を自動的に起動したり、停止する機能が付いている場合があります。
 使いこなせれば便利な場合もあります。
 例えば、テレビのタイマー機能を就寝前に設定しておけば、テレビを見たまま寝てしまっても勝手にテレビの電源を落としてくれます。
 明暗センサーを使っている場合には、部屋を暗くすると自動的にテレビの明るさを調整してくれて、一定時間後に電源を落としてくれたりします。
 また、テレビには視聴予約機能が内蔵されている場合があります。この機能を使えば、毎日・毎週視聴している番組を事前に予約しておくことができます。
 ただし、センサーの機能があまり良くない時には使わない方が良い時もあります。例えば、トイレ用電灯の有人検知センサーは、在室時でも長時間動かないと勝手にトイレ用電灯を暗くしてしまいます。トイレの滞在時間が長めの高齢者には使わない方が良いです。また、自動消灯機能で本当に自動的に消灯するか気になってトイレ作業が落ち着かなる原因になることもあります。
 タイマー機能やセンサー機能を使う場合には、要介護者にも説明しておいて、どんな時にその機能が働くかを説明しておくと良いでしょう。要介護者がその機能を望んでいない時には、その機能を停止した方が良い時もあります。
 タイマーやセンサーを上手に使えば、操作トラブルが減り、要介護者からの呼び出し回数を減らしたり、見回り回数を減らせるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。