So-net無料ブログ作成

終わりは突然やってくる、関係機関への連絡 [終わりは突然やってくる]

要介護者が死亡した場合
1. ケアマネージャーに一報を入れる
2. ケアマネージャーが関わる介護施設、介護用品はケアマネージャーと対応を決める
3. 医療機関・介護施設に予約が残っている場合には、取り消しの連絡を入れる
4. 通院していた医療機関に通知する
5. ネットショッピングで発注していた介護用品等は取り消し可能なら取り消す。
6. 有料会員サービスは停止・退会の手続きをとる

 要介護者が亡くなると通夜・葬儀が続きます。葬儀前でも実行すべきことは実行し、残作業は葬儀後に速やかに実行するようにします。
 レンタルされている介護用品の回収を急ぐ場合には、ケアマネージャーに連絡した際に、その旨を伝えます。
 予約が残っている場合には、その取り消しも可能な範囲で行います。無断欠席に対してペナルティを課す場合があるからです。
 通院していた医療機関・リハビリ施設に対しても要介護者が亡くなったことを通知します。また、かかりつけ薬局でいつも薬を処方してもらっていた場合にはその薬局にも伝えます。薬局に連絡するのは、要介護者のために発注・在庫にしている薬を解除してもらうためです。
 ネットショッピングで発注した介護用品も取り消し可能なら取り消します。
 有料会員になっているものがあれば、サービス停止・退会などの処理を進めます。保存すべき個人情報がある場合には、サービス停止前に回収作業を実行します。なお、有料会員の場合、預金口座が凍結されなければ引き落としが継続され、サービスも止まりません。急がない場合には後から作業します。
 他にも予定されていた残作業があれば、必要な対応を行います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。