So-net無料ブログ作成

終わりは突然やってくる、廃棄処分は少しずつ [終わりは突然やってくる]

廃棄処分の順番
1. 要介護者に関係ないものから始めます
2. 中身を確認します
3. 要介護者の持ち物は、形見分けを実行した後は、要介護者の生前の意向に従い処分します
4. 黙っていた方が良いものが出てきたら、黙って処分します
5. ゴミあさりをする不審者に注意します

 要介護者が居なくなった後、片づけがあります。それまで捨てられなかったものの処分をすることになります。
 ここでは、業者を使わずに家族によって処分を進める手順を説明します。
 最初に処分するべきは、要介護者に関係ない物品です。私の母の場合、母が元気な頃にリサイクルに参加していたので、リサイクル用に準備した物品を順番に処分していきました。廃棄は、所在自治体のゴミ出し基準に従って廃棄します。
 処分する物品は、とにかく中身の確認をします。衣類はポケットの中も確認します。物品の中には、途中まで作業をして忘れてしまったものもあります。重要な資料(紙、現金、写真)などが発見されることもあるので、注意します。
 要介護者の持ち物については、形見分けを終えた後は、要介護者の意向に沿って処分方法を決めます。例えば、”生前に使わなくなった要介護者の衣類をリサイクルに出すように勧めたけれども、要介護者が同意しなかった”場合には、廃棄処分にします。きっと要介護者も自分の使っていた衣類を他人に触れてもらいたくないからです。
 突然亡くなった場合、びっくりするようなものも出てくるかもしれませんが、手続き等(例:旧日本軍の拳銃など)が必要がない限り、黙って捨てます。他の家族に告げたりしない方が良いと私は考えます。
 衣類等の廃棄の際に、ゴミあさりをする不審者が現れることがあります。不審者は、口頭で注意すれば立ち去ると思います。少し手間がかかりますが、墨汁や使用済みの油を混ぜたり、捨てる衣類にハサミで切り込んで使えないようにしておけば、ゴミあさりされるリスクを減らすことができます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。