So-net無料ブログ作成
検索選択

生活介護、脳機能の確認 [生活介護]

簡易チェック法を試す
1. 時計盤から現在、何時何分かを尋ねる
2. 本日の年月日や曜日を尋ねる
3. 氏名、住所、電話番号を言ってもらう
4. 3つの小物を見せて、一旦隠して、1分後に3つの小物の名前を言ってもらう
5. 前日の夕食の献立を尋ねる
6. 最近のニュースを挙げてもらう

 要介護者が協力してくれるなら、今日の年月日や氏名、住所、電話番号を確認する作業を毎日実施することは重要です。
 高齢になると、今日の年月日を意識することがだんだん薄くなっていく場合があります。そこで毎日、朝起きてきたら、本日の年月日を思い出してもらいます。そして、今日のスケジュールも思い出してもらいます。
 本人の氏名・住所・電話番号を確認するのは、もしも一人で外出してしまった場合、保護された時の連絡手段を確保するためです。
 なお、この時に介護家族者の名前や親族の名前も出てくるか確認しておきます。
 記憶力の低下状況は、他にも前日の献立や最近のニュースなどについて尋ねれば、大体の状況を把握することができます。日頃、診察の時と大きく変化していなければ問題ありませんが、記憶力が大幅に低下した場合には、次回の診察の際に担当医師に報告します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康