So-net無料ブログ作成

介護離職、介護離職を最終決断する時 [介護離職]

すべてのハードルを乗り越えた時
1. 要介護者の介護サービスが低下した時
2. 要介護者を一人にしておくと、いずれ大きな事故になると予想できる時
3. 会社勤めとの調整が完全に破綻した時
4. 介護離職の条件(前出)を満たした時
5. 他に優先するべき項目が消滅した時

 以下は私の経験に基づく推論です。
 要介護者が骨折などで要介護2になったからといって、会社勤めをしている家族が会社をいきなり辞めることは普通は無いと思います。病院に長期入院することになったら、家族はお見舞いに行くだけです。また、そのまま老人ホームなどに移った場合も同様でしょう。
 要介護2の場合、在宅介護となってもそれなりに手厚い介護体制を構築できます。このため、家族の負担はそれなりにありますが、短期間なら、なんとかなります。そこで在宅介護を行うようになります。
 ところが、骨折が治り、要支援1になると公的な介護体制が非常に薄くなります。そして、基本的に要介護者は自分で何でもやりたがります。しかし、見守りの体制が無ければ、いずれ大きな事故・怪我・病気が発生し、要介護者は長時間放置された後、発見されることになるでしょう。その結果、亡くなる場合もあるでしょうし、生きていたとしても深刻な後遺症が残ることも想像できます。
 見守り体制を作るために要支援1の条件で介護サービスを受けようとすると、要介護者はかなりの出費を覚悟しなければなりません。しかもまだ要介護者も介護家族者も自分たちが介護生活を開始することを十分に理解していませんので、うまく介護サービスを使いこなせません。この結果、介護サービスやケアマネージャーに対して要介護者も介護家族者も否定的なイメージを持つようになり、最悪の場合、介護サービスを止めてしまいます。
 ところが、要介護者には依然として、誰かが見守りの体制を作り、運用していく必要があります。
 また、会社勤めをしていると多忙ゆえに、会社か要介護者かどちらかを選べ!と迫られることも多いと推定しています。時短勤務や在宅勤務を頑なに認めない経営方針を持っている会社の場合、介護家族者は消去法として介護離職を選択することになるのではないかと推定しています。
 さらに要介護者が元気なうちに親孝行したい、自分の今の最優先事項は自分の出世よりも親の幸せではないのか、といった葛藤の結果も含まれるのではないかと推定しています。
 以上の結果、要介護者に精神的に、物理的に、一番近い場所にいる親族が介護離職を決断するのではないかと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。