So-net無料ブログ作成
検索選択

料理を覚える、二人分の料理の作り方 [料理を覚える]

実は難しい少人数分の調理
1. 小さい鍋を用意する
2. 調理する食材をその鍋にそっと入れてみる
3. 鍋に入りきらないなら、1/2、1/3に包丁で切る
4. 鍋に入った食材だけで調理を開始する
5. 使わなかった食材はサランラップかタッパに入れて次回の調理分にする

 一人分の調理または二人分の調理というのは、実は大変に難しいです。例えば、カレーを作る際に玉ねぎ1個、人参1本、ジャガイモ4個、肉1パックと言う風に調理すると具材の大きさによっては、3〜4人分の料理になってしまいます。
 少量料理の分量を決める素人にもわかりやすい方法としては、インスタントラーメン(一人前)を作る際に使用する小さい鍋を利用することです。
 小さい鍋に大きい玉ねぎやジャガイモを入れると人参や肉は押し込まないと入りません。そこで、玉ねぎを半分に切って、半分だけを使用します。同様にしてジャガイモの数や大きさ、人参の大きさも半分にしたりします。
 押し込まずに小さい鍋に入った量が適正量になります。この後、皮をむいたりして調理を始めてください。
 経験的には、これで二人分(要介護者+介護家族者)の料理の分量となります。使用する具材は、調理の際に包丁で切って、1/2、1/3だけを使うようにしていると作り過ぎを防げると思います。
 なお、調理の際には、この計量で使用した小さい鍋は使わずに普通の大きさの鍋・フライパンを使ってください。そうしないと水や調味料を加えると具材が溢れる恐れがあります。
 この調理法で難しいのは、残った半分の部材を数日以内に使用しないといけない点です。比較的簡単に使い切る方法としては、後日の昼食を麺類(そば・うどん・スパゲティ)にすることです。麺は一人前にして、残った部材のうち一人前分を投入します。これで具沢山の麺料理(二人前)になると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康