So-net無料ブログ作成

手続きを支援する、選挙権を行使する [手続きを支援する]

選挙の時は
1. 選挙公報を見せる
2. 街頭演説会などに行きたいようなら連れて行く
3. 期日前投票制度を活用する
4. 投票所では、投票所事務員に協力してもらう

 要介護者になっても好きな政党や政治家はあるでしょう。要介護者と介護家族者で支持する政党が異なったり、支持する政治家が異なることもあるかもしれません。そんな場合でも、要介護者の選挙権は守る必要があります。
 要介護者は選挙公報を容易に入手できない状態になっているかもしれません。介護家族者は積極的に要介護者に選挙公報を提供し、演説などに行きたいと希望された時には、安全を確保した上で要望を実現します。
 事前に投票したい候補者が決まっている場合には、天気が良く、要介護者の体調が良い日を選んで、期日前投票制度で期日前投票を済ませることもできます。投票日の天気予報が雨(雪)の場合や投票所までの移動が大変な労力になる時に活用してください。
 投票所では投票所事務員にお願いして投票のお手伝いをしてもらいます。車椅子の場合には、事務員が移動を手助けしてくれます。文字が書けなくなっている場合には、事務員が代筆をしてくれます。
 投票行動は、考えたり・移動したり・投票したり、といったイベントになるので、リハビリとしても効果があると思います。要介護者が興味を持っているなら、できるだけ投票するようにします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。