So-net無料ブログ作成
検索選択

手続きを支援する、パスワードを知っていた方が良い [手続きを支援する]

行使するどうかは状況による
1. 金融機関のカード類のパスワード
2. 金融機関のインターネットのパスワード
3. 有料会員のパスワード
4. 自宅金庫、鍵付き箱のパスワード、鍵のありか
5. パソコンスマートフォンなどの電子機器のパスワード、ワード・エクセルなどの電子ファイルのパスワード
6. パスワードを教えてもらった時には、要介護者立会いで使えるかを試す
7. 使用できることを確認したパスワードは、非常時以外行使しない
8. パスワードは、封筒に入れて封印した状態にする

 要介護者のいろいろなパスワードが無いと家族といえどもアクセスできません。
 病院に緊急搬送されたけれども意識が回復しない場合には、生活資金や入院費(手術費)を工面する必要があります。
 また、株式取引の場合には、相続を前提とした長期保有銘柄以外は、償却する作業を実行する必要があるかもしれません。
 有料会員のサービスを利用している場合には、個人情報(物品)を保管してもらっている場合があり、回収作業を実行しないと消滅(廃棄)となる場合もあります。例えば、SNSやトランクルームなどが挙げられます。
 自宅に金庫がある場合には、その番号(鍵のありか)を教えてもらっておかないと解鍵できず金庫が開かないために何かの支障をきたす恐れがあります。
 要介護者が元気なうちに保有財産や入会している有料サービスの状況を一覧にして確認しておくと良いでしょう。
 そして、パスワードや鍵のありかを教えてもらうか、封筒に入れてもらって保管場所を教えてもらっておきます。知らないまま廃棄をした方が良いものなら、その確認もしておきます。例えば、パソコンのパスワードを教えてもらえない場合には、そのまま廃棄することになることを要介護者に伝えて、要介護者と介護家族者の間で合意しておく必要があります。
 パスワードや鍵のありかを教えてもらう作業については、パスワードや鍵のありかが分からない場合の家族(相続人)の作業の困難さを噛み砕いて説明した上でお願いします。
 要介護者がパスワードや鍵のありかを共有することについて理解してくれない時には、一旦諦めます。信頼関係が壊れると在宅介護ができなくなるからです。可能なら、数カ月経過してから、説明を再び行い、説得を続けます。
 なお、パスワードを聞き出したとしても、非常事態(例えば、意識不明の重体)の場合以外は、実行できないと強く意識しておいて下さい。
 例えば、銀行カードの暗証番号を知っていれば、大学病院などでは、ペイジー(Pay-easy)と呼ばれる銀行カードと暗証番号だけで支払いができるサービスで使えます。教えられたパスワードは、高額な医療費を期日までに払わなければならない時など特別な場合にだけ使用します。
 最終的にパスワードや鍵のありかを聞き出せなかった場合には、個人情報が漏洩しないようにした上で廃棄処分することになります。例えば、パソコンならハードディスクを完全に破壊してくれる業者に依頼することになると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康